里帰り

 会社員時代の10年以上前に制作した時計2台、埼玉の叔母の家に飾られていたのですが、この度機械の整備と針のリフォーム為に里帰りして来ました。

 1台は、木の王様といわれる一位の木、一点物の木を贅沢に使っています(当時は採算度返しの会社員時代)。一位の木は飛騨の一刀彫で使う材料、木目、木肌が美しい木。

 もう1台は、桜の木にアクリル絵の具で結構大胆な絵柄で描いています。表現で色々試行錯誤していた頃の作品です。あまり人気が無かったので、叔母にプレゼントしたのかな。

 10年以上ぶりに昔の作品(=自分)に会って、何か考えさせられるものがありました。

 修復が終わって今日の夕方、叔母の住む埼玉県へ(叔母も小城市を離れて50年、懐かしいであろう)小城羊羹と有明海苔のお土産と一緒に送りました。約20時間の再会でしたが、また叔母の家の指定席の位置に飾って貰えれば作者冥利に尽きます。

P1090183s_20121026201736.jpg P1090185s_20121026201735.jpg
スポンサーサイト
2012-10-26 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

  村岡義明

Author:  村岡義明
・佐賀県小城市三日月町織島2926-1
Tel;0952-73-4265
kinoe55jp@ybb.ne.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR