義援金

  会社員時代には栃木県に住んでいたので隣の福島県には木工の友達がいます。先ずは安否を確認、やっと連絡が取れ、それぞれ震災の大変な被害を被ったようです、でも皆無事でした。原発の問題で南相馬市に住む友人(家が流された)は親戚の住む宮城に一時疎開、他の友人は原発が癌だと怒っています。

 食料を送ろうとしましたが、輸送の問題や問い合わせると本当にそれが必要なのか自問自答、この事態では、個人向けにどうと言った段階では無いようです。自分として何が出来るか考えるしかありません。

 先ず考えられるのは日々の省エネと義援金を送ることしか。
自分はもの作りで、佐賀市内の手作りイベントから自分の作品(義援金の為の)で得た義援金を送ります。

 それぞれの思いで、それぞれの高さで出来る事をすればいいのではと思います。年金受給者の方が”私たちも義援金送らんといかんやろか”と聞かれ、そう思いました。
スポンサーサイト
2011-04-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

  村岡義明

Author:  村岡義明
・佐賀県小城市三日月町織島2926-1
Tel;0952-73-4265
kinoe55jp@ybb.ne.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR